カテゴリー: 印象派Page 1 of 3

ピエール=オーギュスト・ルノワール『じょうろを持つ少女』

気丈な少女好きとしては外せない1枚。水あげ係だぞ!って感…

エドゥアール・マネ『草上の昼食』

神話の登場人物ではなく現実にいる女性の裸を描いたことでス…

ギュスターヴ・カイユボット『ピアノを弾く若い男』

弟ちゃんがピアノと向き合う姿です。静かな集中を感じつつ優…

メアリー・カサット『オペラ座にて』

女性らしさを押し出さないバリキャリ風の婦人と、それを眺め…

フィンセント・ファン・ゴッホ『オーヴェルの教会』

光を反射することなく影に佇む教会。ゴッホのノスタルジーを…

フィンセント・ファン・ゴッホ『星月夜』

精神病院で描いたぐにゃぐにゃした線は怖い感じがするんだけ…

フィンセント・ファン・ゴッホ『郵便夫ジョセフ・ルーラン』

ゴッホの親友だったルーラン。ソクラテスのような顔って言わ…

フィンセント・ファン・ゴッホ『ひまわり』

ゴーギャンをルンルン待ちながら描いたらしい〜キャワじゃん…

ピエール=オーギュスト・ルノワール『ぶらんこ』

この降り注ぐ木漏れ日が素晴らしいのに当時はキモいって言わ…

ベルト・モリゾ『ゆりかご』

女性画家ならではの柔らかさというか暖かみがある 作品名:…

カミーユ・ピサロ『フェリックス・ピサロ(息子7歳)の肖像』

印象派の中では影薄いけど、全部の印象派展出てる父的存在の…

ギュスターヴ・カイユボット『パリの通り、雨』

雨が降ってるんだけど雨粒は全く描かれてなくて地面だけ濡れ…