カテゴリー: オランダ・バロックPage 1 of 2

ピーテル・デ・ホーホ『デルフトの中庭』

フェルメールの影に隠れがちな同郷画家。手前から奥への視線…

フランス・ハルス『微笑む騎士』

お堅い肖像画じゃなくて、笑みを引き出しつつ上半身も捻らせ…

ヤン・ステーン『牡蠣を食べる少女』

精力つけてねと言わんばかりの顔に見えてくる 作品名:牡蠣…

ヨハネス・フェルメール『レースを編む女』

この時代のキリスト教的にレースを編むことは女性の美徳の象…

フェルメール人気の理由!オランダバロックの時代背景から考察

画家フェルメールの人気の理由について、オランダバロックの…

ヨハネス・フェルメール『ヴァージナルの前に座る若い女性』

楽器に触れているとは思えないほど静かな絵だと思う。青とか…

フランス・ハルス『陽気な酒飲み』

肖像画なのにスナップ写真のような躍動感。めちゃくちゃ絡ん…

レンブラント・ファン・レイン『ユダヤの花嫁』

見れば見るほど染み入るような愛が伝わってくる。ゴッホ曰く…

ヨハネス・フェルメール『真珠の耳飾りの少女』

日本で1番愛されてる西洋画なのでは…?ラピスラズリの青を…

レンブラント・ファン・レイン『夜警』

劣化して黒ずんでるだけで実は昼の絵らしい〜でも夜警で定着…

レンブラント・ファン・レイン『ベルシャザルの饗宴』

旧約聖書描きがちレンブラちゃん。神の啓示があったんだけど…

ヨハネス・フェルメール『牛乳を注ぐ女』

まさかのオランダバロック随一のヒロインにのし上がったメイ…