カテゴリー: バロック時代1 / 3 ページ

ニコラ・プッサン『黄金の子牛の礼拝』

神と契約中のモーセを待てずに異教であり偶像である黄金の牛…

ディエゴ・ベラスケス『インノケンティウス10世』

ベラスケスにかかると狡猾な内面まで浮き彫りにされるよう。…

ヤーコブ・ヨルダーンス『酒を飲む王様』

本当の王様じゃなく、家族が扮してお祭り騒ぎをしている様子…

カラヴァッジョ『トカゲに噛まれた少年』

ギャンッ!っていう一瞬を見事に捉えていて、見てるこっちま…

アンソニー・ヴァン・ダイク『英国王チャールズ1世の肖像』

チャールズ1世は強権を振りかざしたイメージがついてるせい…

ペーテル・パウル・ルーベンス『眠る二人の子供』

国立西洋美術館1番の癒やし。ルーベンスって裸婦も肉肉しく…

ピーテル・デ・ホーホ『デルフトの中庭』

フェルメールの影に隠れがちな同郷画家。手前から奥への視線…

フランス・ハルス『微笑む騎士』

お堅い肖像画じゃなくて、笑みを引き出しつつ上半身も捻らせ…

ヤン・ステーン『牡蠣を食べる少女』

精力つけてねと言わんばかりの顔に見えてくる 作品名:牡蠣…

ヨハネス・フェルメール『レースを編む女』

この時代のキリスト教的にレースを編むことは女性の美徳の象…

ディエゴ・ベラスケス『薔薇色のドレスのマルガリータ王女』

3歳の時のマルガリータ王女です。当時レースが流行っていた…

フェルメール人気の理由!オランダバロックの時代背景から考察

画家フェルメールの人気の理由について、オランダバロックの…