2020年1月22日、東京国立近代美術館、所蔵作品展『MOMATコレクション』

美術館巡りレポ『MOMATコレクション』

心に残った美メモ

中村正義『源平海戦絵巻』全5部作がすっごい。展示室に入る前からバシッと惹きつけられる。でっかいしすっごい。

戦利品

企画展見てないし、売り場はベビーカーだと迷惑になりそうだったので、戦利品なしで退散!

レポ日記

R.I.P 奈良原一高ということで、写真ブースを目当てにやってまいりました。ここに来る前に奈良原さんの写真展に行き、靖国神社を観光した後だったので企画展の『窓をめぐるアートと建築の旅』は諦めました。

それでも所蔵作品展だけでもかなりのボリュームです。展示室は13…!とりあえず一目散に展示室9の奈良原一高ブースへ。

館内はポツポツと人はいましたが、ゆったり見られるくらいの空き具合です。

ベビーが泣き出したらアウトなので、最近は順路序盤からじっくり見ず、先にバーっと一通り見てから目星をつけて2周目に行くスタイルでやってます。

写真集『無国籍地』の写真が飾られていました。静謐な写真達です。世田谷美術館でスペインの熱狂写真を見て、写真館で戦後を生き抜く村のエネルギッシュ写真を見た後だったので、人物なしで無機質な写真にギャップを感じました。

画像1

この美術館は写真撮影が基本的にOK(禁止マークがついているものはダメ)なところがすごいですね。記録になるので撮れるのは嬉しいです。

ただ、日々食事から感動した出来事まですべてスマホを構えがちな現代人なので、それが禁止されてる空間に身を置くのが気持ちいい時もあるなあとふと…カメラを構えるのは最低限で、館内の空気を目いっぱい楽しみたいなあと思いました。

そしてベビーがなんとなく起きてワタワタ…!泣いたりしたわけじゃないんですが、美術館の中ってシーンとしているのでご機嫌でお喋りしてるだけの「あーうー」とかも響くんですよね。即トイレに避難してあやしあやし。

今日は無理かなーこのまま帰るかーと思って出口に行こうと歩いていたら、寝た…!ヤッター!展示室1~13までしっかり見ることができました。

中でも、何度も行っては戻って…としてしまったのが中村正義『源平海戦絵巻』全5部作!大きければ大きいほど感動してしまうのか?単に綺麗だから??日本画の凄さはわかりませんが(いや洋画もわかってないですが)、とにかくすっごい!近くで見たら細かくてすっごいし引きで見ても構図がすっごい!

画像2
画像3
画像4
画像5

洋画を勉強しようと書籍を買い込んでいましたが、ここで日本画も全然わかんねーな?と気付いてしまいました。日本画も興味ある!どうしよう!!

ちょうど見てる途中に学芸員さんが解説してくれるツアーをやっていました。私はたぶん今説明を聞いても勉強不足でわからないだろうなと思いつつ、いつかプロの解説を聞きながら楽しんでみたい!と思いました。

ベビーカーを押しながらでは難しいので、夫に預けて一人で来た時にチャレンジしたいな~