世界の有名絵画を見て「あれ…これジョジョの元ネタかな?」と思うことが多々あり、ググったらボロンボロン出てくるので忘備録としてまとめます。

確実に元ネタと言えるものだけでなく、憶測やこじつけも入ってます。逆に本人が「影響を受けている」と言った作品も含めてます。

また、ネタバレ回避していないので、気になる方は読まないようにしてください。順不同です。

ヒュウィゴー!

長すぎて絶望する目次

◆ジョジョと有名絵画

ブラックモアとマグリットのゴルコンダ

雨を固めるスタンドで、その上を移動するシーンが描かれています。これはまんまマグリットのゴルコンダということでわりと周知されてるオマージュだと思います。

ブラックモアとマグリット
ジョジョと絵画!元ネタやオマージュ・マグリット

そして最新すぎて存じ上げなかったんですが、8部の23巻表紙でも起用されているようです。

ジョジョリオン 23 (ジャンプコミックス)

ブラックモア
キャッチ・ザ・レインボー
マグリット
ゴルコンダ
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン(Kindle

林の表紙とマグリットの白紙委任状

馬と林が一体化するような絵です。ブラックモアが出ている9巻の表紙なのでマグリット繋がりなのかなあと推測。

9巻表紙
マグリット
白紙委任状
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン(Kindle

輪切りのソルベとダミアンハースト

ホルマリン漬けと言えばダミアンハースト!原作の白黒だとピンとこないかもしれませんがアニメでは完全に色も合わせてきてます。
元ネタ映画として『ザ・セル』が挙げられてることもありますがそもそもその元ネタがこれ。

輪切りのソルベ
ダミアン・ハースト
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風(Kindle

スパイスガールとダリの時計

机の上に置かれた時計が溶けるシーンです。こんなん言い始めたら溶けた時計は全部ダリってことになりますけど全部ダリだと思って見てます。

トリッシュ・ウナ
スパイス・ガール
サルバドール・ダリ
記憶の固執
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風(Kindle

チューブラーベルズとバルーンドッグ

チューブラーベルズは金属に息を吹き込んでバルーンアートのように犬や鳥などを作り出すスタンドです。そしてジェフ・クーンズのバルーンドッグは金属製で出来てる現代アート。風船の犬×金属ってもう絶対そうだよね??

マイク・O
チューブラー・ベルズ
ジェフ・クーンズ
バルーン・ドッグ
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ラン(Kindle

由花子のキスとクリムトの接吻

髪の毛の具合や身長差などとても似ているのでオマージュなのではないかなーと思います。完全に憶測です。

広瀬 康一
山岸由花子
クリムト
接吻
ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない(Kindle

由花子とレンピッカ

これも完全一致!ってわけじゃ全然ないんですが、由花子のポーズがレンピッカの代表するアールデコっぽい(カクカクした感じ)なあと思います。
あとはシンデレラのスタンド自体が四角を多用してますし通じるものがある気が…

妄想ですけど、そもそもアールデコの精神が「生活の中に芸術を」「世の中のすべてのものが美しくあるべき」みたいな感じなので辻彩っぽ~い!と思います。

そして由花子と関係ないけど3部の車とかマジで似てるな~って思う。色だけだけど。色だけで車種とか全然違うけど!

山岸由花子
辻彩
シンデレラ
タマラ・ド・レンピッカ
ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない(Kindle

アニメ版由花子と辻彩とミュシャ

アニメ版では明確にアールヌーボーの代表ミュシャをパロっています。この他にもいろんな場面でミュシャ節炸裂。上でがっつりアールデコじゃ~~って書いてんのに違うんかいって話ですが…

個人的にはやはり原作はアールヌーボーではなくアールデコの方を意識してると思うんだけどなあ。(アールヌーボーは曲線で女性らしく、アールデコは直線で都会的、って感じです)(往生際悪い)

キラークイーン・花京院のポーズとヨハネ

ジョジョに出てくるポージングは元ネタ説がたくさんたくさんあるのでこれもその一つにすぎませんが、ダビンチの洗礼者聖ヨハネは有名すぎるので意識してるんじゃないかなと思います。

キラークイーン
ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けない(Kindle
花京院典明
ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース(Kindle
レオナルド・ダ・ヴィンチ
洗礼者聖ヨハネ

鉄球とマグリット

これは1、2で挙げたマグリット繋がりの妄想です。意識してたら面白いなーと。

ジョニィ・ジョースター
タスク
ジャイロ・ツェペリ
鉄球
マグリット
イレーネ(または)禁断の文学
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ランKindle

サンドマンとマグリット

文字のスタンドなら広瀬康一のエコーズでは?って感じですが、7部繋がりだったらいいなあって…

サンドマン
イン・ア・サイレント・ウェイ
マグリット
会話の技術
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ランKindle

シュガーマウンテンの木の実と地獄の門

形まんま彫刻なんで何かしらの元ネタがあるんじゃないかと思うんですよね~~でもわかんないから何もないかも~~

今のところ連想しているのは、ロダンの地獄の門。考える人が乗ってるやつ。ロダンは他でも使われてますし(下に載せてます)、門には地獄でうごめく人々が180人以上も埋まっているそうな。

地獄の門ってダンテの書いた神曲という物語をモチーフに作られてるんですね。で、物語は、森で迷ってたら地獄を案内されることになってこの門をくぐるくだりから始まるんです。森で迷ってるから似てるな~~みたいなね~~

シュガーマウンテン
ロダン 地獄の門
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ランKindle

柱の男たちとファルネーゼのヘラクレス

古代ギリシャ神話の英雄ヘラクレスです。ギリシャ彫刻に影響されてることはいろんなところでご本人が発言されてます。

柱の男たち
ヘンドリク・ホルツィウス
ファルネーゼのヘラクレス
ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流(Kindle
※美術手帖特集『西洋美術から見る「ジョジョの奇妙な冒険」』にて

ジョースターとロダンのアダム

特に1部2部の作風は、まんまギリシャ彫刻の世界ですね。細かく見ていけばいろんな彫刻が特定できそう。

ジョナサン・ジョースター
オーギュスト・ロダン
アダム
ジョジョの奇妙な冒険 Part1 ファントムブラッド(Kindle
※美術手帖特集『西洋美術から見る「ジョジョの奇妙な冒険」』にて

シーザーとエゴンシーレ

エゴンシーレは全体的にめちゃくちゃジョジョっぽい!顔の角度とか。ご本人もどっかで発言してたはず…たぶん…。
エゴンシーレは28歳で亡くなったり、ヒトラーがライバル視(?)してたり、ドラマ性のある人なのでストーリー的にもオマージュしてるところがあるかもしれません。

シーザー・A・ツェペリ
エゴンシーレ
ほおずきの実のある自画像
ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流(Kindle

※美術手帖特集『西洋美術から見る「ジョジョの奇妙な冒険」』にて

サンタナとリビアの巫女

サンタナ復活のシーンは、リビアの巫女を逆にしたポーズを取っているとか。画像見つからず…すみません…このリビアの巫女に見られる「カンジャンテ(玉虫色)」と呼ばれる技法を使っていると解説があったようです。

影を暗く描くのではなく、色を変えることで立体感を出す手法(たぶん)。ミケランジェロやフラ・アンジェリコが使ってます。

サンタナ
ミケランジェロ
リビアの巫女
ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流(Kindle
※ジョジョ展『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の「ジョジョとアート」にて

ブチャラティと天井画

ブチャラティの昇天シーンはこの天井画に寄せているそうな。細かいところが似ているというよりは参考にした、って程度なんだろうけど。

ネットの口コミを見ていると、このブチャラティのシーンはルーベンスの聖母被昇天を思い浮かべる人が多いみたいです。フランダースの犬で有名な絵ですね。わかる。

杉本鈴美の方を天井画モチーフではと言っている意見も見ました。わかる。

ブルーノ・ブチャラティ
イグナティウス・デ・ロヨラ
天井画
ブチャラティの昇天場面
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風Kindle
※ジョジョ展『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の「ジョジョとアート」にて

ジョセフとクリムトの幾何学模様

これはジョジョ展にて解説文に「シャツの紋様の出典元は、オーストリアの画家グスタフクリムトによるユダヤ人実業家の妻の肖像画で」と記載があったそうです。が、決定的な画像見つけられず…すみません…

2部の扉絵らしいのでおそらくこのセットだと思います。

クリムトといえばこの金ぴかなイメージがあるので、5部の黄金の風をイメージする人も多いようです。でもぴったりくる画像は5部にはなかったですね。

そして個人的にはこの紺が3部の承太郎っぽいな~と思ったんだけど見つかりませんでした。ぴえん

むしろ承太郎ならこの辺がクリムトっぽい?な??(2部だって言ってんのに探す

ジョジョの奇妙な冒険 Part2 戦闘潮流(Kindle
※ジョジョ展『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の「ジョジョとアート」にて

空条仗世文とサンピエトロのピエタ

仗世文さんはもろピエタですが、その前にもジョルノもピエタのオマージュなのではと言われています。

空条仗世文
ミケランジェロ
サン・ピエトロのピエタ
ジョジョの奇妙な冒険 Part8 ジョジョリオン(Kindle
※ジョジョ展『荒木飛呂彦原画展 JOJO 冒険の波紋』の「ジョジョとアート」にて
ジョルノがミスタを抱えてるシーン
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風(Kindle

エニグマとエッシャーの騙し絵

騙し絵と言えばエッシャー!NHKのエッシャー特集でご本人が影響を受けたと話しているそうです。

そしてエッシャー展の図録の側にもジョジョの記載があるらしい!画家側が書いてるって超レア。これは感動。

宮本輝之輔
エニグマ
マウリッツ・エッシャー
紙の能力発動の時の騙し絵
ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けないKindle
※日曜美術館の「エッシャー 無限性の彼方へ」にて

◆ジョジョから連想される画家

「このシーンがこの絵画!」ってわけじゃないけど、これジョジョっぽいな~って画家をあげてきます。

エドワード・バーン=ジョーンズ

バーンジョーンズについてはご本人が対談で語ってるようなのですが、中身は追えず…三菱美術館様~もっかいあげてくれ~~

特にペルセウス。わかる~ジョジョっぽい~。

ジョジョはミケランジェロを参考にしてるってウィキペディアとかにも書いてあるけど、バーンジョーンズはミケランジェロ時代の美術を大切にしようぜ~ってグループ(ラファエロ前派)だったので、そっかそれは似るよね~って思いました。

ちなみに、バーンジョーンズ好きなら同じくラファエロ前派のロセッティも絶対見てるでしょ?寄せてるでしょ??と思ったんですが、そのような痕跡は見つけられませんでした…。女キャラとかめちゃくちゃ似せてそうなんだけどな~。マッチョ女性。

※特別対談「漫画家 荒木飛呂彦 × 三菱一号美術館館長 高橋明也」にて

ディエゴ・ベラスケス

NHKの特集にゲストとして出演し、「現代に通用する刺激を受けた」「マネしてる」と熱く語っていたそうです。昔のインタビューでも尊敬する人にベラスケスをあげていたとか。

ディエゴ・ブランドーはベラスケスから取ったのかな~?そこまで話してたわけじゃないですがありそう。

※『日曜美術館』の特集「静かな絵画革命~宮廷画家ベラスケスの実験~」にて

エル・グレコ

正直パッと見では、ベラスケスよりもエルグレコを参考にしていると思う人が多いように感じます。公式でエルグレコ発言はないんですけどね…(ベラスケスとエルグレコは同じスペインの巨匠です)

エルグレコはマニエリスムと呼ばれる絵画様式なんですが、雑誌ユリイカでの特集の中の加藤幹郎の評論にマニエリスムとの関連性は書かれています。くびがなが~くてぐにゃぐにゃしたの。

※雑誌『ユリイカ 総特集=荒木飛呂彦』にて

どうでもいいけどこれジョジョにハマってるとき買った記憶あるけど捨てちゃった~惜しいことしたな…

ジャン・ロレンツォ・ベルニーニ

イタリアの超々有名な彫刻家です。これは荒木先生ご本人が、著書で『アポロとダフネ』に影響を受けたと書いています。この体のひねりを漫画でも描きたい!と感じたのがジョジョのポージングの始まりだそう。

※『荒木飛呂彦の漫画術』にて

ティツィアーノ・ヴェチェッリオ

ティツィアーノはイタリアルネサンスの画家です。一般的にはミケランジェロより有名じゃないかもしれないけど「形態のミケランジェロ、色彩のティツィアーノ」と呼ばれていたくらいレジェンド。

イタリアが舞台の5部でティッツァーノっていたじゃないですか。絶対ティツィアーノから取ってるよね!それだけです!!

ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風Kindle

フランシス・ベーコン

ザ・肉塊!って感じの絵を描く画家です。ねー、ジョジョっぽいよね?ジョジョっぽいってだけです。なんかどっかに記載があったような気がするんだけど勘違いかも…ごめん…DIOにボコボコにされるモブとかベーコンのイメージ。

モーリス・ド二

またもやNHKの特集にゲストとして出演。ベラスケスのときほどではないですがド二も昔から好きだそうで熱く語ってらっしゃいます。

とりわけ色使いについてですね。上の『サンタナとリビアの巫女』でも書きましたが、ジョジョではミケランジェロやフラアンジェリコが使った玉虫色の技法を参考にしています。玉虫色の技法はその後廃れるんですが、それを復活させたのがゴーギャン、そしてそれを引き継いだのがドニです。

ド二のピンクと緑がかった水色の色使いは困ったときに真似してしまうそうです。桜と空とかで。そういや多いよね!ドニから来てたのか~


※『日曜美術館』の特集「いのち輝く家族の肖像~モーリス・ド二~」にて

◆ジョジョとファッションイラスト

「ジョジョ元ネタ」で調べると出てくるパクリ疑惑系のまとめがありますが、そこに必ず載っているのがこのファッション誌『VOGUE』関連です。
『VOGUE』の表紙のポージングのオマージュは多々あるようです。

ジョジョのポージングとアントニオロペス

アントニオロペスの絵は『VOGUE』にも掲載され、ファッションイラストレーターに大きな影響を与えました。

ジョジョのポージングとトニーヴィラモンテス

そしてアントニオ・ロペスに影響を受けたのがトニー・ヴィラモンテスです。ジョジョっぽ~い、てかかっこい~~い

◆ジョジョにある絵画絡みの直接表現

ここからは雑に、絵画や画家について直接表現があった箇所をあげていきます。
「本物はこんなんなんだ~」って感じで見てもらえたらなと思います。
こうやってピックアップしてくと沢山あって、ジョジョって本当に絵画すきなのね~ってのがわかります。

プッチ神父とジョット

6部の謎の呪文に『ジョット』とあります。ジョットはイタリアルネサンスの画家で、西洋絵画の父と言われています。

他の単語は比較的いろんな意味に捉えられると思いますが、『ドロローサへの道』は確実にキリストが磔にされるまでの道のりを指します。ジョットはキリストやマリアを多く描いた画家なのでジョットも間違いなく彼を指していると思われます。

ジョット・ディ・ボンドーネ
ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン(Kindle

ポルポとゴッホとゴーギャン

ポルポのセリフです。ゴッホとゴーギャンは一緒に暮らしていた時代もありましたが最終的に絶交してしまいます。その二人の作品を並べて部屋に飾るなんて…めちゃくちゃ贅沢!つまりポルポが贅沢な野郎なんだぞって表現になってると思います。

重ねてシスティーナ礼拝堂のミケランジェロの壁画ですが、これまた恐らく美術史上最も有名な天井画です。というか有名な絵が全部入ってるよー的なね。すごいんだマジで。これもポルポの優雅さを演出してるよね。

フィンセント・ファン・ゴッホ
オーヴェルの教会
ポール・ゴーギャン
ヴァイルマティ
システィーナ礼拝堂にあるミケランジェロの壁画
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風Kindle

スコリッピのセリフと瀕死の奴隷

スコリッピのセリフとブチャラティに被せた彫刻が『瀕死の奴隷』って深すぎない…?この彫刻は「無機物の容赦無い力の前に生命が降伏する瞬間を思わせる」と考察されてます。ブチャ…降伏しちゃったの…?

スコリッピ
ミケランジェロ・ブオナローティ
瀕死の奴隷
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風Kindle

エンポリオの屋敷幽霊とリキテンシュタイン

リキテンシュタインについての記載がある…と思ったんですが絵が飾ってあることくらいしか探せませんでした…そしてリキテンシュタイン風なだけで実在する絵を模しているわけではないような…

わかりにくいカットだけど画像真ん中上の女性の顔がリキテンシュタイン風絵画です。

これのがわかりやすいかも?大ゴマのピアノの上です。

ポップアートの神様、リキテンシュタインはこんなの。絵にもそれぞれ元ネタがあって、漫画のひとコマを拡大して提示するスタイルです。その絵をまた漫画のひとコマに収めるってよく考えたら凄くない?

バーニング・ダウン・ザ・ハウス
屋敷幽霊
ロイ・リキテンシュタイン
ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン(Kindle

ボヘミアンラプソディーとゴッホの自画像

ウェザーリポートとバトルした回にゴッホ本人登場してましたね。うろ覚え。

ボヘミアン・ラプソディー
ゴッホの自画像
ボッティチェリのヴィーナス
ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン(Kindle

吉良吉影とモナリザ

めちゃくちゃ、めちゃくちゃに有名なセリフです。えへへ勃起~~~

吉良吉彰 モナリザ
ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けないKindle

DIOとルーヴル美術館

モナリザ繋がりでDIO様のセクシー回想載せときます。DIO様もパリ観光とかしたんかな?うふふ

DIOとプッチ神父
ミロのヴィーナス
ジョジョの奇妙な冒険 Part6 ストーンオーシャン(Kindle)

噴上裕也とミケランジェロ

ミケランジェロにバチバチに影響受けてるジョジョ作品においてミケランジェロに似てるってのは最大の賛辞になるんだろうね。

噴上裕也
ミケランジェロ
ジョジョの奇妙な冒険 Part4 ダイヤモンドは砕けないKindle

ジャイロの黄金長方形

これはもうオマージュとかでなく概念そのものなんですが、黄金長方形はデザインや絵画を語る上で重要な話なので載せておきます。

名絵はバランス完璧なので黄金長方形にのっとってることも多いです(後付けかもだけど)。上のコマでも出てるモナリザとか、フェルメールの真珠の耳飾りの少女とか。

ジャイロ・ツェペリ
黄金長方形
ジョジョの奇妙な冒険 Part7 スティール・ボール・ランKindle

ポンペイの犬の床絵

これはまんまポンペイに実在するらしく、そのまま聖地巡礼ポイントになってます。絵ってか観光地。

犬の床絵
ポンペイ
悲劇詩人の家
ジョジョの奇妙な冒険 Parte5 黄金の風Kindle

吉良吉影と竹久夢二

ジョジョ本編ではなく短編集からの抜粋です。吉良ちゃんが竹久夢二に感動してるシーン。

『死刑執行中脱獄進行中』内の短編『デッドマンズQ』

岸辺露伴とド・スタール

こちらも短編集からの抜粋。まあ露伴の話だからいいよね!

露伴が持っている図版に『agrigente 1953』とあるので、おそらく掲載されているのはこちらです。

アグリジェントとは、イタリアのシチリア島南西部の都市の名前です。地中海を見下ろす丘に数々の神殿が建てられていて世界遺産にも登録されているそうです。同じようなパターンの絵がたくさんあるので若干違う可能性はあります。

ド・スタール
『岸辺露伴は動かない』

◆その他すぎるその他

岸辺露伴ルーヴルへ行く

元ネタでもなんでもなくもはやまんま絵画メインの番外編です。ついにルーヴル美術館行っちゃったっていうね。
中身にはルーヴルにある絵画や彫刻のオマージュだらけらしい~~!載せたらキリないので有名なのだけ…

上でブチャラティとともに載せた彫刻『瀕死の奴隷』。ここではポージングに使われてます。

あとはこれも…露伴側の画像はネタバレになりそうなので伏せます(今更)ぜひ読んで探してみてねっ!

ミケランジェロ・ブオナローティ
瀕死の奴隷
アモルの接吻で蘇るプシュケ
『岸辺露伴 ルーヴルへ行く』

ジョジョグッズとモンドリアン

いやこんなん出して来たらマジでキリないぞ…?と思ったけど見つけちゃったから書きます。ジョジョ展グッズのスマホケースのデザインはピエト・モンドリアンの赤青黄のコンポジションを元にしてます。へーそうなんだ、くらいに思ってください…えへ…

ピエト・モンドリアン
赤青黄のコンポジション
ジョジョの奇妙な冒険 Part3 スターダストクルセイダース(Kindle)
ジョジョ展スマホケース(←画像探したら1万円近くてウケた

おわり!や~~~~長かった~~~~!!!!

元ネタと題名にしつつ元ネタ関係ないなってものも多くてすみません。なんか考え始めたらどんどん出て来て…大昔に読んだ記憶を辿ったんですけどたぶん1部から読み直したらもっと増えると思う。それくらい絵画と関わりが深い!

ジョジョの元ネタと言えば音楽・映画・ブランド名など、有名なのがたくさんありますよね。映画はジョジョに絡んだものを順に観てったことがあるんですけど、「おお~これがあの…!」みたいな気持ちになってかなり楽しめました。

絵も、ジョジョをきっかけに見ていくと面白いと思います。というかジョジョを読んでない人より楽しめる可能性がある!興味がある方はぜひ絵も見てみてね。